マレーシア

マレーシアのおすすめビーチリゾートTOP10【現地在住者が実際に行ってみた!】

マレーシア

東南アジアに位置する海や山などに囲まれた自然豊かな国、マレーシア!

魅力でいっぱいのマレーシアには、数々の島そしてビーチリゾートが存在し、国内問わず海外からも多くの観光客で賑わっています。

しかし、マレーシアにはあまりにビーチリゾートが多いのでどこが一番良いのか、またどれが一番自分に合っているのか選ぶのに悩ましいという点もあります。

今回は、現マレーシア在住の日本人が実際に行って気に入ったおすすめのビーチをご紹介していきます。

マレーシアのおすすめビーチリゾートTOP10

ビーチ

数多くあるマレーシアのビーチリゾートの中でも、特に厳選されたオススメのビーチリゾートTOP10をご紹介していきます。

マレーシアへ旅行する計画を立てている方は、ぜひ参考にしてみてください!

1. Langkawi(ランカウイ島)

言わずと知れた、マレーシアの有名リゾート「ランカウイ島」!

フォーシーズンズやリッツカールトンなどの多くの高級リゾートが立ち並ぶランカウイ島では普段味わえない贅沢なひと時を過ごすことができます。

ランカウイ島の海自体は、すごく澄んでいる!というわけではありませんが、日本の関東近郊に比べたら青く綺麗な海なので抵抗なく泳げます。

ランカウイ島を訪れる人のほとんどは、プライベートプールが付いたヴィラタイプのお部屋に泊まることが多い為、一日中贅沢なお部屋や施設内にあるプールやマッサージ思う存分楽しみましょう!

 

2. Redang Island(レダン島)

マレーシア国内でもトップクラスの綺麗さを誇るレダン島の海は、海底まで見通せるほどの透明度です。

また、こちらの島ではウミガメに遭遇するチャンスが非常に高く、子供たちも喜ぶこと間違いなし!

白い砂浜と青い海のコントラストは、毎日見ても飽きない美しさ・・・!

人生で一度は訪れた方が良いリゾートとなっています。

 

3. Perhentian Island(ペルヘンティアン島)

マレーシア半島東海岸沖に位置するペルヘンティアン島は、ブサール島とクチル島の二つの島からなる、現地の言葉で「ひと休み」という意味を持つ島です。

その名の通り、ゆったりとした時間が流れるこちらの島には、世界中から「ひと休み」を求めて訪れます。

世界のビーチランキングでなんと13位にランクインされた透明度抜群の海を誇るペルヘンティアン島では、マリンアクティビティが豊富で、定番のシュノーケリングはもちろん、二つの島を行き来するカヤックも人気です。

 

4. Pangkor Laut(パンコールラウ島)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tourism Malaysia(@malaysia.truly.asia)がシェアした投稿

こちらの島は他の島と異なり少し変わった特徴があります。

それは、この島にはリゾートが一つしかないということです。

つまりこの島に上陸できるのは、このリゾートの宿泊者のみとなります。

クアラルンプールから車で約30分、リゾート宿泊者専用フェリーに乗って20分で上陸します。

こちらのパンコールラウ島は、世界のベストビーチTOP100にも選ばれた程の澄み切ったビーチが有名で国内のみならず海外からも大人気のリゾートとなっています。

 

5. Tioman(ティオマン島)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shaheen Shah Sidek(@shaheenshahsidek)がシェアした投稿

手付かずの自然が残るティオアマン島は、知る人ぞ知るあまり観光客がいない静かな穴場リゾートです!

最近では、地元民によるオシャレなカフェやレストランがあり、利便性もよくなってきました。

毎年10月から3月までは北東モンスーン(雨季)の影響で、波が通常時よりかなり高くなるため、オフシーズンとなります!訪問時期はよく計画しましょう。

 

6. Sipadan Island(シパダン島)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ChrisTan(@christan76)がシェアした投稿

ダイビングをする誰もが憧れるダイビングスポット、シパダン島。

現在は無人島となり、環境保護の目的から1日に入島できる人数も限られています。

宿泊する際は、マブール島など近くの別の島に泊まり、ダイビングする時だけシパダン島に行くことになります。

宿泊している間、毎日シパダン島に入れるわけではありませんので、必ずホテルの人に宿泊期間中いつシパダン島に入れるか説明をされます。

多くの人が平等にシパダン島を楽しむためにも、仕方がありませんね。

 

7. Penang Island(ペナン島)

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@mytraveldiary.7)がシェアした投稿

ペナン島の北部にあるバトゥ・フェリンギは、世界的にも有名なビーチリゾートエリアで、数々のリゾートホテルが立ち並んでいます。

正直、海はそこまで澄んではいませんが、バナナボートやバラセイリングなどアクティブなレジャーを楽しみたい方におすすめです。

また、中心地に行くとユネスコ世界文化遺産にも登録されたジョージタウンがあり、色々なペナン島の一面を楽しむことができます。

 

8. Borneo Island(ボルネオ島)

 

この投稿をInstagramで見る

 

LISA vegan(@lisajaecks)がシェアした投稿

ボルネオ島(インドネシア語ではカリマンタン島)は、マレーシアとインドネシアとブルネイの3カ国から構成される島です。

そして日本から最も近い大自然としても有名で、富士山よりも高い「キナバル山」という山があり、絶滅危惧種となってしまったオランウータンや、どこまでも続く熱帯雨林など魅力に溢れた島です。

特にボルネオ島のマレーシア区域にはコタキナバルがあり、世界中から多くのダイバーが訪れる有名な島です。

ビーチを楽しみつつ、山の自然も楽しみたいという方に打って付けのリゾートアイランドとなっています。

 

9. Payar Island(パヤ島)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tourism Malaysia(@malaysia.truly.asia)がシェアした投稿

ランカウイ島またはペナン島から高速フェリーで約1時間の場所に位置するパヤ島は、抜群の海の透明度を誇り、色々な種類の綺麗な珊瑚礁を見ることができる海好きにはたまらない島です。

水の綺麗さのおかげでお魚も沢山生息し、ディズニー映画「ニモ」でもお馴染みのカクレクマノミを見ることも可能です!

また、ブラックチップ・シャークという小さいサメもいて、人を襲うことはない安全なサメなので子供達も大興奮すること間違いなしです!

宿泊はランカウイ島もしくはペナン島でし、日帰りでパヤ島を訪れるのがベストです。

 

10. Port Dickson(ポートディクソン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

EmJayy.L(@emjayy.l)がシェアした投稿

クアラルンプール中心地から車で2時間弱で気軽に行くことができることから、地元民には馴染みのあるビーチです。

正直海は綺麗・・・とは言えません。

日本でいう、江ノ島レベルと同じレベルです。

ポートディクソンにも、水上ホテルが立ち並んでいて上から見るとまるでお花が咲いているような形をしています。

時間のあまりない方や、日帰り旅行をしたい方、バナナボートなどのマリンアクティビティを手軽に楽しみたい方にオススメのビーチリゾートとなっています。

 

マレーシアのおすすめビーチまとめ

マレーシアのリゾートで過ごす休暇は日本では味わうことのできないものがあります。

ぜひ、マレーシアのリゾートで心身ともにリラックスできる時間を過ごしてみてください。

もっとマレーシアが好きになること間違いなしです!