生活お役立ち

ダウンジャケットの収納とコツ!100均でコンパクトに収納できるグッズ3選!

ダウンジャケット

衣替えのの季節は、ダウンジャケットはボリュームがありしまうのに手こずってしまう。

ハンガーにかけておくにも、2着3着とかけていたら厚手なぶんそれだけで幅を使ってしまう。

そんな時こそ使ってほしい100均アイテムがあります。

お手頃価格なのに簡単に収納でき、非常に便利な商品。

今回は、冬の間大活躍してくれたダウンジャケットの収納法やそのコツ、100均で手軽に手に入る収納グッズをご紹介していきます。

ダウンジャケットの収納方法とコツ

厚みのあるダウンジャケットをしまう収納方法は、大きく分けて二つあります。

1. ハンガーに掛けて収納

【収納方法】

ハンガーに吊るして収納する際は、型崩れが起きにくい太めのハンガーを使い、不織布のカバーを掛けて風通しの良い場所でしまってください。

クリーニング店から受け取った時に被っているプラスチックのカバーは通気性が良くないため、外しましょう。

【コツ】

圧縮袋を使用する際は、あまりキツめに圧縮するのは控えてください。

次に開けた時に元の厚さへ戻らない場合がある為です。

2. 畳んで収納

【収納方法】

畳んでも膨張しやすいダウンジャケットは、専用の圧縮袋や収納袋を積極的に使用しましょう。

ボタンやチャックをしっかりと閉め、シワ防止の為に袖の部分を綺麗に内側へクロスを描くように折りたたんで下さい。

綺麗に畳んだ状態でしまっておけば、次に開けた時シワを生み出すことなくすぐに使うことができます。

【コツ】

ダウンジャケットを畳む際は、あまり小さく畳みすぎないようにしてください。

小さく畳んでしまうと、通気性が悪くなりカビを発生しやすい環境にしてしまいます。

圧縮袋などにしまう場合は、乾燥剤や防虫剤を一緒に入れてあげると良いでしょう。

ダウンジャケットの収納に最適な100均で買えるおすすめグッズBEST3

圧縮袋

今回は100均で買える、ダウンジャケット収納グッズをご紹介します。

畳むタイプから吊るすタイプまでおすすめの3点を厳選しました。

①ダイソー 吊れる圧縮袋

大切なダウンジャケットを圧縮し吊るしたまま保管できる優れもの!

厚みがありクローゼットの中でかさばってしまうダウンジャケットをぺったんこにしてくれ、シワや型崩れを起こすことなく収納できます。

300円(税別)しますが、2枚入っていて1枚の袋に2着収納することができるため、とってもお得で購入する価値大です!

  • JANコード:4549131720839
  • サイズ:約110×60cm(ショート)、約130×60(ロング)
  • 素材:
  • 【本体部分】ナイロン・ポリエチレン
  • 【ハンガー】ポリエチレン・ポリアセタール

②セリア ダウンジャケット収納袋

こちらの商品は、かさばりやすいダウンジャケットをコンパクトに収納できるだけじゃなく、汚れやホコリから大切な洋服を守ってくれる優れものです。

畳んで入れた直後は膨らんだ見た目ではありますが、空気を抜いてしまえばタンスや引き出しに簡単に収まるコンパクトサイズに変わります。

  • JANコード:4947879527633
  • サイズ:約110×60cm
  • 素材:ポリプロピレン

③キャンドゥ ハンガー付バルブ圧縮袋ショート&ロング

こちらの商品は、おすすめ①のダイソーの商品と似ている、ハンガー付きの吊るすタイプの圧縮袋で、値段は300円(税別)です。

ロングタイプとショートタイプがあるので、各々のダウンジャケットに最適のカバーを使うことができます。

こちらの商品は大変人気がある商品なので、店舗やオンラインショップでは入荷待ちの可能性がありますので、要注意です!

  • JANコード:4986614248327(ショート)、4986614248310(ロング)
  • サイズ:約110×60cm(ショート)、約130×60(ロング)
  • 素材:
  • 【本体部分】PET樹脂・ポリエチレン
  • 【ハンガー】ポリエチレン

まとめ

面倒なダウンジャケットの収納も100均のアイテムを使えば手軽にそして安く済ませることができます。

大切なダウンジャケットを長く愛用するためにも正しい方法で収納し、クローゼットや引き出しなどすっきりと整理整頓しましょう。